スポンサーサイト

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告
WordPress2.5から追加されたショートコードをご存知でしょうか。
簡単に言えば、記事中から関数を呼びだすようなものなんですが、これが結構便利なのでよく使っています。

WordPressを普通にブログとして使っている分には、まったく関係ないですが、CMSとして使っていると、どうしてもPHPを実行させたい時があります。

プラグインのrunPHPを使ってもいいですが、あまり詳しくない方に記事を書いてもらう場合、ちょっと危険です。
また、bloginfo()を使いたいことも、しょっちゅうあります。

こんなときに、ショートコードを使うと便利です。

記事中で bloginfo() を使いたい場合



使用中のテーマにあるfunctions.phpに以下のコードを書きます。


function sc_bloginfo($atts, $content = null) {
extract(shortcode_atts(array(
'arg' => ''
), $atts));

return get_bloginfo($arg);
}

add_shortcode('bloginfo', 'sc_bloginfo');


そして、記事に


<img src="[bloginfo arg="template_url"]/img/sample.jpg" alt="" />


と書きましょう。すると表示する際に


<img src"http://www.example.com/wp-content/themes/default/img/sample.jpg" alt="" />


として出力されます。

template_url の部分は、bloginfo() の引数なら何でも使えますので、[bloginfo arg="url"]なども使えます。


現在の記事と同じカテゴリの記事リストを表示したい場合



functions.phpに以下のコードを追加します。


function sc_list($atts, $content = null) {
global $post;

$cur_cat = array_shift(get_the_category());
extract(shortcode_atts(array(
'num' => 5,
'cat' => $cur_cat->cat_ID,
'format' => 'Y/m/d'
), $atts));

$myposts = get_posts('numberposts=' . $num . '&order=DESC&orderby=post_date&category=' . $cat);
$ret = '';

foreach ($myposts as $post) {
setup_postdata($post);
$ret .= sprintf('<li><a href="%s">%s</a> <span class="published">%s</span></li>',
get_permalink(),
get_the_title(),
get_the_time($format));
}
return $ret;
}


記事に

[list /]


と書けば、記事のリストが5件表示されます。


[list num="3" cat="2"]

にすると、カテゴリIDが2の記事を3件表示します。


このようにrunPHPを使わなくても、結構いろんなことが出来ます。
他にもカスタムフィールドをテーブルで表示させたり、wp_* の関数を呼び出したりと色々使い道があるので、ぜひ活用してみてください。

ショートコードの詳細は、ショートコード APIをご覧ください。
スポンサーサイト

大抵のホームページには、お問い合せフォームがあると思います。これをWordPressに組み込んでみます。

WordPressには、WP-Contactというプラグインがありますが、確認ページがでなかったり、項目の追加が難しそうなので使いません。

PAGEのテンプレートをメールフォームとして、新規に作ります。

contact.phpというファイルを作り、PAGEのテンプレートとします。


<?php
/*
Template Name: Contact
*/

get_header();

// ここにメールフォームのスクリプトを書く

get_footer();
?>

このテンプレートを使って、「お問い合せ」というPAGEを作ります。

テンプレート内に全ての処理を書いてもいいですが、"入力","確認","完了"とファイルを別々にして読み込ませる方がいいでしょう。

注意する点として、WordPressで使用している変数がありますのでかぶらないようにしてください。また、nameやpといったクエリを与えるとWordPressの誤動作を招きますので、"f_"のような接頭語を付けた上で、input要素のname属性等に使って下さい。

この点に注意すれば、簡単なフレームワークなら組み込むことも出来ます。当然mod_rewriteを使ったURLルーティングの機能は使えません。

まず、「ニュース」というカテゴリを作成します。作成するとカテゴリIDが自動的につきます。(ここでは例としてカテゴリIDを"2"とします。)

つぎに、テンプレートのhome.phpを編集します。ニュースを表示させたい箇所に以下のコードを書きます。


<ul>
<?php
$posts = get_posts("numberposts=5&category=2&orderby=post_date");
foreach ($posts as $post):
setup_postdata($post);
?>
<li><?php the_time('Y/m/d') ?><a href="<?php the_permalink() ?>"><?php the_title() ?></a></li>
<?php endforeach; ?>
</ul>


この例では、ニュースを新しいものから5件表示します。

the_date()でなくthe_time()を使っている理由は、the_date()の場合、同じ日付の記事が存在するとき、最初の記事にしか日付が表示されないためです。

the_time()の引数は、PHPのdate()関数と同じになります。

page.phpのループ外に以下のコードを入れる。


<?php 
$rows = $wpdb->get_results('select * from wp_posts where post_parent = ' . $post->ID);
if (count($rows)) {
    echo '<ul>';
    foreach ($rows as $row) {
        printf('<li><a href="%s">%s</a></li>', $row->guid, $row->post_title);
    }
    echo '</ul>';
}
?>

single.phpのループ外で以下のコードを入れる。


<?php 
$posts = get_posts('category=' . $post->category_id);
if (count($posts)):
?>
<ul>
<?php
foreach ($posts as $post) :
    setup_postdata($post);
?>
<li><a href="<?php the_permalink() ?>"><?php the_title() ?></a></li>
<?php endforeach; ?>
</ul>
<?php endif; ?>

Introduction

WordPressを使って一般的な(ブログっぽくない)サイトを構築する際のポイントをまとめています。

サイト内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。