スポンサーサイト

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告

検索エンジンにインデックスされやすいURLにする

オプション > パーマリンク設定 でパーマリンク構造のカスタマイズ画面を開きます。

デフォルトのままだと、検索エンジンにインデックスされにくいため、デフォルト以外を選択します。

一般的なサイトに見せるには、「独自表記を以下の入力欄に記述」を選択し、カスタム構造に/%category%/%postname%.htmlと入力します。

これで、URLはhttp://www.example.com/company/about.htmlのようになります。

メタ:keyowrdsとメタ:descriptionを入れる

SEO対策としてはあまり効果は期待できませんが、descriptionの方は検索エンジンの結果に表示されることがありますので、適切に設定します。

keywordsの方は、タギングの機能を追加するプラグイン「UltimateTagWarrior」を使います。このプラグインは、記事毎にタグを付けることができるようになるプラグインです。UltimateTagWarriorを有効化した後、オプション > Tags より「メタキーワードを使用する」にチェックを入れます。これで記事毎のタグがkeywrodsとして表示されます。

descriptionの方は、記事の抜粋を利用します。テーマファイルのheader.phpに直接埋め込みます。


<meta name="description" content="<?php
if (strlen($post->post_excerpt) > 0) {
    echo $post->post_excerpt;
} else {
    bloginfo('description');
}
?>" />

もしくは、functions.phpに関数を登録します。


<?php
function add_meta_description()
{
    global $post;

    if (strlen($post->post_excerpt) > 0) {
        $description = $post->post_excerpt;
    } else {
        $description = get_bloginfo('description');
    }
    printf('<meta name="description" content="%s" />', $description);
}
add_action('wp_head', 'add_meta_description');
?>

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントをどうぞ


Introduction

WordPressを使って一般的な(ブログっぽくない)サイトを構築する際のポイントをまとめています。

サイト内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。