スポンサーサイト

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告
WordPress2.5から追加されたショートコードをご存知でしょうか。
簡単に言えば、記事中から関数を呼びだすようなものなんですが、これが結構便利なのでよく使っています。

WordPressを普通にブログとして使っている分には、まったく関係ないですが、CMSとして使っていると、どうしてもPHPを実行させたい時があります。

プラグインのrunPHPを使ってもいいですが、あまり詳しくない方に記事を書いてもらう場合、ちょっと危険です。
また、bloginfo()を使いたいことも、しょっちゅうあります。

こんなときに、ショートコードを使うと便利です。

記事中で bloginfo() を使いたい場合



使用中のテーマにあるfunctions.phpに以下のコードを書きます。


function sc_bloginfo($atts, $content = null) {
extract(shortcode_atts(array(
'arg' => ''
), $atts));

return get_bloginfo($arg);
}

add_shortcode('bloginfo', 'sc_bloginfo');


そして、記事に


<img src="[bloginfo arg="template_url"]/img/sample.jpg" alt="" />


と書きましょう。すると表示する際に


<img src"http://www.example.com/wp-content/themes/default/img/sample.jpg" alt="" />


として出力されます。

template_url の部分は、bloginfo() の引数なら何でも使えますので、[bloginfo arg="url"]なども使えます。


現在の記事と同じカテゴリの記事リストを表示したい場合



functions.phpに以下のコードを追加します。


function sc_list($atts, $content = null) {
global $post;

$cur_cat = array_shift(get_the_category());
extract(shortcode_atts(array(
'num' => 5,
'cat' => $cur_cat->cat_ID,
'format' => 'Y/m/d'
), $atts));

$myposts = get_posts('numberposts=' . $num . '&order=DESC&orderby=post_date&category=' . $cat);
$ret = '';

foreach ($myposts as $post) {
setup_postdata($post);
$ret .= sprintf('<li><a href="%s">%s</a> <span class="published">%s</span></li>',
get_permalink(),
get_the_title(),
get_the_time($format));
}
return $ret;
}


記事に

[list /]


と書けば、記事のリストが5件表示されます。


[list num="3" cat="2"]

にすると、カテゴリIDが2の記事を3件表示します。


このようにrunPHPを使わなくても、結構いろんなことが出来ます。
他にもカスタムフィールドをテーブルで表示させたり、wp_* の関数を呼び出したりと色々使い道があるので、ぜひ活用してみてください。

ショートコードの詳細は、ショートコード APIをご覧ください。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

- | 2012/11/13 22:19 | [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

- | 2014/08/09 17:27 | [編集]

コメントの投稿

コメントをどうぞ


Introduction

WordPressを使って一般的な(ブログっぽくない)サイトを構築する際のポイントをまとめています。

サイト内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。